組織

 

ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)は、認定NPO法人「まちぽっと」の事業です

 

SJFの「運営委員会」は認定NPO法人まちぽっと理事会のもとに設置され、SJFの事業を企画・運営しています。
運営委員会は助成審査にあたる「助成審査委員会」と、
社会対話の実施にあたる「企画委員会」を設けています。
これらは、まちぽっと理事と外部有識者で構成し、公平性と専門性を基本とした運営を行っています。

各委員会の委員はこちらから

*認定NPO法人まちぽっと(認定特定非営利活動法人 まちぽっと) のご紹介



まちぽっとは、市民社会の実現を目的に、市民によるまちづくりや都市計画、新たな非営利金融制度の提案、これからの住まい方の研究と提案、討議民主主義の実践、市民ファンドの実践など、多様な分野で活動しています。シンクタンク機能と社会的事業機能を兼ね備えた、日本では珍しいタイプの「市民シンクタンク」です。

認定NPO法人とは、一定の条件を満たしたNPO法人が国税庁に申請し、審査を通ると国税庁長官より税制優遇の資格を認定される制度です。認定NPO法人となったまちぽっとへの寄付については、所得税および住民税の優遇措置が受けられます。

詳しくは、以下のHPをご覧ください。
http://machi-pot.org/

*「草の根市民基金・ぐらん」のご紹介


「草の根市民基金・ぐらん」は、日本で最初の市民ファンドです。まちぽっとの最初の助成事業として、1993年から2015年までで20回、東京都内とアジアで活動する159の市民団体へ総額6,200万円の助成と、寄付者と市民団体との交流を継続して行っています。 日本では他に類を見ない「市民の、市民による、市民のための」助成のしくみです。
ソーシャル・ジャスティス基金は、この豊富な経験を生かして、市民による政策提案・社会提案活動の助成に特化した活動を行っています。

詳しくは、以下のHPをご覧ください。
http://citizensfund-grand.org/





ソーシャル・ジャスティス基金運営規約

SJFは、「ソーシャル・ジャスティス基金運営規約」に基づいて公正に運営されています。
運営規約はこちらからご覧ください。