ご案内】ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)アドボカシーカフェ第42回 

 

票育

若者と政治が出会う新しい授業の作り方

 

 少子高齢化社会に生きる若者にとって、将来に何らかの課題と向き合うことはもはや必然です。だれの生活にも必ず結びついている政治。まずは身近な地域社会の課題に気づき、理解し、自分には何ができるのか、課題解決の選択肢を見出す力を養う――それが今必要とされている政治教育だと、NPO法人「僕らの一歩が日本を変える。」は考えています。そして、この新しい政治教育に“中立的でエンターテイメントという要素を加え、『票育』と称し、全国各地で授業を行ってきました。『票育』は、授業の受け手だけが学ぶのではなく、この教育を担う若者自身が、社会課題の理解と解決への一歩を踏み出せる、そんな力が地域社会の中で育成されるプロセスになります。

 今回は、教育現場で感じている政治教育の壁と打開策、そして『票育』の可能性についてお話しさせていただきます。また、ゲストとの対話やワークショップを通して、この『票育』が誰でも、どこでも、当たり前に実践される社会を目指して、みなさんと新たな気づきを共有していければ幸いです。

 

ゲスト:

保坂 展人さん 写真(寄稿用) (ほさか のぶと さん)

 1955年、宮城県仙台市生まれ。世田谷区長。高校進学時の内申書をめぐり16年にわたる内申書裁判をたたかう。数十種類の仕事を経て、ジャーナリストとなる。1996年より2009年まで衆議院議員を311年務め、「児童虐待防止法」の制定などに深く関わる。20114月より現職(現在2期目)。「若者支援担当課」を設置し、若者の社会参加、地域参加を進めるとともに、生きづらさを抱える若者の支援に取り組む。「88万人のコミュニティデザイン」(2014年・ほんの木)、「闘う区長」(2012年・集英社新書)ほか著書多数

後藤 寛勝さん 後藤寛勝  (ごとう ひろかつ さん)

 1994年、新潟市生まれ。中央大学。若者と政治をつなぐNPO法人「僕らの一歩が日本を変える。」の代表として、中学・高校での票育授業や、高校生と国会議員の討論イベント、票育を通した地方自治体での人材育成事業など、全国各地に足を運び活動中。活動テーマは“若者と政治に新しい出会いを届ける”。昨年10月、内閣府地方創生推進室RESAS専門委員に就任。

コーディネータ:上村 英明SJF運営委員長

 

日時: 16年4月13 () 18:30~21:00 (開場 18:00)

 

会場:文京シビックセンター 4階 シルバーホール
     東京都文京区春日1-16-21 (丸ノ内線・後楽園駅1分、三田線/大江戸線・春日駅1)
     案内図はこちらから

参加費: 一般1,000円/学生500円 当日受付にてお支払ください。

 

お申込み:こちらから事前にご登録ください。

ご案内状こちらから250(案5)性について_SJFアドボカシ―カフェ第41回(ご案内状)

主催・お問い合わせ先: 認定NPO法人まちぽっと ソーシャル・ジャスティス基金(SJF)

※SJFは、NPO法人 僕らの一歩が日本を変える。の事業『若者と政治に新しい出会いを届ける「票育」授業プログラム』を助成しています(2016年1月~2017年1月)

  東京都新宿区歌舞伎町2-19-13 ASKビル501、 Tel 03-5941-7948Fax 03-3200-9250

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed